ターポリン製横断幕・懸垂幕・メッシュ垂れ幕専門店

お客様デザインのススメ-懸垂幕編

ターポリン垂れ幕を自分でデザイン

縦に長い横断幕のデザインは?

基本は横断幕と同じです

懸垂幕も基本は同じ。

限られたスペースを上手に使う点は同じです。ただ、懸垂幕では面白いことをやってみましょう。

看板の代わりにもなるターポリン製懸垂幕

今回は周囲にも入れてみるパターンです

横断幕デザイン

横断幕編では周囲4cmはミシン目が入るので文字はNGと言ってましたが、今回はあえてタブーに挑戦したいと思います。通常であるならば絶対NGなのですが、次の画像を見て下さい。

デパートにあるような懸垂幕昇降機

横断幕のメイン文字の大きさ

デパート等のビルに掲げてある懸垂幕。イベント告知等で表示されているのを見たことがあると思います。当社でも定期的に製作・交換させて頂いているビルもあります。基本的にはステンレス製の懸垂幕昇降機が設置されてます。
これが無いと設置や交換が大変なのでデパートのようなイベントごとに頻繁に交換する所は必ず遠いって良いほど昇降機が設置されています。この方式を使って一般の建物でもやってみましょう。デザインの幅がグッと広がりますよ。

例1:学校の校舎やフェンスに下げてみる

タペストリーデザイン

デパートにあるような懸垂幕昇降機を設置できる予算がある方は設置しちゃって下さい。話が早いです(笑)数十万から数百万の間で予算を組んで頂ければよろしいかと。
そんな予算は無い!と言う方は直接ロープで縛っちゃいましょう。
例として学校の校舎を想定して、横幅1m×縦6mの懸垂幕を3枚並べてみました。大迫力の懸垂幕が出来ます。継ぎ目の部分は多少ずれますが、離れて見るので問題なし。お祝いムード満点の懸垂幕が出来上がります。

  • 校舎に着ける場合は風に強いメッシュターポリンがオススメです。
  • 1枚では表現できない懸垂幕が出来上がります。是非お試しを!

例2:写真を分割して表示もOK

タペストリーデザイン

今度は横に5枚並べてみます。そして写真をドーンと配置。大迫力の居酒屋さんの看板の出来上がりです。もし、こんな大きな懸垂幕を繋ぎ目無しで作ったらどうなるでしょう?まず、取り付けが大変です。素人の手に負えません。しかし、このように5枚を並べて設置するタイプなら1枚1枚は軽いので大丈夫。ちょっと時間をかければ素人さんでも設置は可能です。

  • ここでもメッシュターポリンがオススメ。強風時の安心感が違います。
  • 繋ぎ目は少々ずれても大丈夫。離れて見るとほとんど目立ちません。

さて、いかがでしたでしょうか。懸垂幕の意外な使い方の紹介でした。じつは、もう一点長所があるんです。万が一、強風にあおられて破損した場合、1枚物だと全部作り替えとなりますが、並べる方式だと破れた分だけ作りかえればOK。ここでも心配事が一つ減ります。是非、お試し下さい。

Copyright©1986 PRO ART YOU Inc.All Rights Reserved.