ターポリン製横断幕・懸垂幕・メッシュ垂れ幕専門店

MacでRPGツクールを作った男

稀代の天才:新藤正一の話

出会いは平成3年、進藤君が25歳、私が30歳の時だった。 お互いゲームが好きで、よく家に遊びに行く仲となり、将来の夢などを語りあっていた。 仕事は建築関係のCADをやっていたと記憶している。 進藤君は、九州芸術工科大学の出身。地元では難関の国立大学だ。 とにかく頭がよかった。プログラム言語を自在にあやつり、よく私をビックリさせてくれた。 そして人の話をよく聞いている。 私が何気に言った事をササっと実行して、アプリケーションを作ってくれた。 そして進藤君が27歳の時、今村さんの会社で働きたいと申し出てきた。 私も悩んだし周囲の反対も当然あった。なんせ進藤君は大学出。 いまの高収入を捨ててまでして、私の会社に来る理由が見当たらない。 進藤君は給料は無くてもいいから入社させてくれと、私の決意を促した。。。。。

一緒に働いた日々

稀代の天才:新藤正一の話

一緒に働いた日々は、本当に楽しかった。 看板を作りながら、必ずオリジナルのゲームを発売しようと深夜までよく話し合った。プログラム&シナリオは進藤君。イラストは進藤君の友人。音楽はプロへ。私はパッケージデザイン&販売ルートの確保。 そしてオリジナルゲーム。スーパーパズルアドベンチャー「アヌビス」の発売。マッキントッシュ専用ゲーム。 1000本しか作らなかったが、儲ける事よりも自分達の開発したゲームが全国に流通した事がうれしかった。 数年後、マック版RPGツクール「ファンタジースタジオ」を発売。 これも1200本しか作らなかった。雑誌で取り上げられた事もあり、追加の話しもでるが儲けが目的では無いので断る。 進藤君のおかげで最高の日々を過ごすことができた。

病との戦い

進藤君は子供の頃に白血病を発病。以来、がんセンターへの通院が続いていた。 長くは生きられない。本人は解っていたのだろう。結婚も望まずに自分の人生を駆け抜けた。 どこまでも私を守りぬき、最後まで私に人間の生き様をおしえてくれた。 正ちゃん、俺はおまえを一生忘れない。正ちゃんと駆け抜けた日々を忘れない。

2001年5月12日 稀代の天才プログラマー 進藤正一 永眠 享年37歳

※当社と本家RPGツクールの会社とは関係ありません。RPG(ロールプレイングゲーム)を自分で作れるソフトの総称としてRPGツクールの名称を使っております。

Copyright©1986 PRO ART YOU Inc.All Rights Reserved.